眉間にシワって何が原因で出来るの?

眉間のシワは、年齢だけが原因ではない気がしますね。 若い方でも眉間にシワがある方はいらっしゃいます。 このシワがあることで、どんなに可愛いメイクをしていても、少し怖い顔に見えてしまいます。

インドの女性が眉の間にビンディーをつけているのを見たことがあると思います。 それは眉間の間がとてもパワーを秘めた神聖な部分だと思われているからです。 そのため眉間のシワは悪相だとも言われています。

女性の見た目の美しさを妨げてしまう眉間のシワは、どうして出来てしまうのでしょうか。 そして、どのような対策をとると良いのか調べてみました。

眉間の皮膚は見た目とは違い大変薄く出来ています。 その部分に何度もシワを寄せてしまうことにより、深いシワができてしまうのです。 毎日同じようなシワの癖が付いてしまうことで、とても目立つ眉間のシワになってしまいます。

眉間のシワができる原因は、大きく分けて3つに分けられます。 まずは先ほどの「表情癖」。そしてあとの二つは「乾燥」と「コラーゲンの不足」です。

これらの中で一番大きな原因がやはり「表情癖」になります。 目を細めたりして眉間にシワができてしまったり、悩み事などでシワがよってしまったりと、多くの場面で癖がつきます。

2番目の「乾燥」ですが、おでこの皮脂分泌が多いのは皆さんご存知だと思います。 そんなおでこに近い眉間ですが、おでことは反対に皮脂分泌が少ない部分なのです。

そのため乾燥により角質がはがれやすく、水分が蒸発しやすくなっています。 そして「コラーゲンの不足」は眉間の弾力を保つことが出来なくなります。

これらの事が重なって、眉間のシワが深く刻まれていくようです。 そんなシワを解決するには、やはり第一は表情癖を治すことですね。

癖を治すことは難しいかもしれませんが、例えば視力の衰えにより目を細める癖がある場合は、 メガネやコンタクト等で改善することが出来るでしょう。 乾燥やコラーゲン不足などは、日頃のスキンケアと正しいマッサージで対応できると思います。

できてしまったからといって諦めず、少しでも美肌になるように頑張ってくださいね。

ページの先頭へ