光治療に副作用?

ニキビ治療にクリアタッチやフォトフェイシャルアクネスといった機器を使うクリニックも増えてきました。

光線治療といって、光を使ってニキビの原因と言われているアクネ桿菌をやっつけてしまおうということなのですが、その効果は治療に訪れる患者数の多さが真実を物語っているように思います。

しかし、光を使った治療には思わぬ副作用もあるのではないかという懸念もないわけではありません。例えば、紫外線は肌を老化させる原因であることはよく知られています。

女性の方なら夏になると必ず日焼け止めを塗るなどして紫外線対策をしていると思います。紫外線は不可視光線ですが、波長が違うだけで同じ光です。

光毒性という言葉をご存知でしょうか? 日光に当たることによって肌にとって良くない反応が起こることをいいます。アクネ桿菌はポルフィリン体を作り出していますが、このポルフィリン体は一部の光に反応して活性酸素を発生させることがわかっています。

活性酸素は肌の老化を早める物質として聞いたことがあるのではないでしょうか。紫外線を浴びることでもポルフィリン体は発生します。

クリアタッチやフォトフェイシャルアクネスに使われている光は紫外線の波長に近い光を利用しています。懸念しているのはこの点です。

紫外線ではありませんが、紫外線に近いということは、やはり肌になんらかのダメージを与えているような気がしてなりません。果たして都合よくアクネ桿菌のみを殺菌してしまえるものなのでしょうか?

しかし、医者によればこういった光治療で特に気になる副作用は報告されていないということです。日焼けした肌も時間と共に冷めていくように、光治療も短時間浴びただけならば肌は自分で回復していけるのかもしれませんね。

ところで、この治療は紫外線アレルギーを持っている人でも受けられるものなのでしょうか? 医師に相談してみる必要がありますね。

ページの先頭へ